キャリアコンサルタントに関する資格

キャリア・コンサルティング技能士とは

キャリアコンサルタントに関する資格として、キャリア・コンサルティング技能士があります。

1級、2級とレベルがあります。

キャリア・コンサルティング技能士の合格率ですが、1級の方が上位となりますから当然のことながら合格率は低くなっています。

最近の試験結果、合格率は以下となっています。

1級(23年度第1回試験)
【学科試験】:受験者数 221名 【合格者数 5名、合格率 2.1%】
【実技試験】:受験者数 207名 【合格者数 44名、合格率 20.56%】

2級(23年度第7回試験)
【学科試験】:受験者数 471名 【合格者数 152名、合格率 29.98%】
【実技試験】:受験者数 1,732名 【合格者数 464名、合格率 26.10%】

受験資格について

キャリア・コンサルティング技能士は、相談者の生涯にわたる働き方、その人にあった働き方や働き甲斐を目指すことを支援するため創設された技能検定です。

理論とスキルに基づいてコンサルティングをする専門家として、キャリアに関する悩み、相談に応えます。

受験資格があるため、これからキャリアコンサルタントとして働きたい方向けの資格ではありません。

以下のいずれかの条件を満たしている必要があります。

【1級】
・10年以上の実務経験
・大学(学校教育法)で検定職種に関する科目を20単位以上修得し卒業、かつ9年以上の実務経験を有する
・標準レベルキャリア・コンサルタント養成研修と同等、またはそれ以上の養成研修を受講し修了しており、かつ9年以上の実務経験を有する
・標準レベルキャリア・コンサルタントで、8年以上の実務経験を有する
・2級の技能検定に合格後、3年以上の実務経験を有する

【2級】
・5年以上の実務経験
・大学(学校教育法)で検定職種に関する科目を20単位以上修得し卒業、かつ4年以上の実務経験を有する
・標準レベルキャリア・コンサルタント養成研修と同等またはそれ以上の養成研修を受講し修了しており、4年以上の実務経験を有する
標準レベルキャリア・コンサルタントで、3年以上の実務経験を有する者

など。

合格率は決して高い資格ではありませんから、対策講座などを受講し準備をされる方も多いです。

キャリアコンサルタント求人も掲載【リクナビNEXT】はこちら