キャリアコンサルタントに必要なスキルをしっかり認識する

キャリアコンサルタント役割は求職者を支援する事

現在では、キャリアコンサルタントは人気のある職種になっています。

異業種からキャリアコンサルタントへ転職をする方も多いようです。

異業種からの転職という事はほとんどの方が未経験からキャリアコンサルタントへ転職を目指している事になります。

キャリアコンサルタントは未経験の方も積極的に採用しており、キャリアコンサルタントになるには広き門が開かれていると言ってもいいでしょう。

では、未経験からキャリアコンサルタントになるにはどのような事が重視されるのでしょうか。

キャリアコンサルタントという職種は、求職者の転職活動の支援をする事が業務の中心になります。

求職者の転職活動の支援と言ってもやる事は多く、求職者の求人探しから、求職者のカウンセリング、履歴書の添削、面接対策など幅広い事を支援していく事になります。

求職者はキャリアコンサルタントを頼っている部分も多くあり、キャリアコンサルタント次第で求職者の転職活動を左右します。

求職者が転職を成功する、しないはキャリアコンサルタントの腕にかかっていると言ってもいいくらいです。

このようにキャリアコンサルタントの役割は非常に重要になります。

そのために、キャリアコンサルタントに求められるスキルは多く、様々なスキルが求められる事になります。

未経験からキャリアコンサルタントになるためには、キャリアコンサルタントに求められるスキルはなんなのかという事もしっかり認識しなければなりません。

キャリアコンサルタントに必須になスキル

ここで、採用担当者の声をご紹介します。

採用担当者が求人に応募してきた方に求める事は、まずコミュニケーション能力があるか、交渉力があるかを見ると聞きます。

キャリアコンサルタントは求職者の転職に関する悩みや相談を聞きアドバイスをする仕事になります。

求職者は様々な質問や悩みをキャリアコンサルタントに打ち明けてきます。

そういった質問や悩みにも親切、丁寧に受け応えする事がキャリアコンサルタントには求められます。

このような事から求職者とうまくコミュニケーションを取る事は必須になります。

そして、交渉力と言うのは相手に説得力のある話ができるかどうかです。

キャリアコンサルタントは求職者に的確なアドバイスをして転職を成功に導くという重要な役割を担う事になります。

求職者の多くは転職活動中にはネガティブになっているといいます。

ここでキャリアコンサルタントが求職者に的確なアドバイスができなければ求職者は余計に不安になる可能性があります。

そうならないためにも専門的な知識をしっかり勉強し、説得力のある話を求職者にできるかが重要になってきます。

このコミュニケーション能力と交渉力はキャリアコンサルタントに最も必要なスキルと言われています。

現在、キャリアコンサルタントとして活躍している方の前職を見てみると営業の職種の方が多いです。

営業経験がある場合には、キャリアコンサルタントに必要なコミュニケーション能力と交渉力を兼ね備えている場合があります。

そのために、営業経験がある方は転職活動は有利になります。

現在、キャリアコンサルタントへ転職を目指している方の中で営業職の経験がある方はしっかりアピールする事をおすすめします。

営業経験がなくても、コミュニケーション能力、交渉力に似たようなスキルを持っている場合は積極的にアピールするといいでしょう。

キャリアコンサルタント求人も掲載【リクナビNEXT】はこちら