キャリアカウンセラーの将来性は明るい

求職者が増えるとキャリアカウンセラーが必要になる

現在、キャリアカウンセラーへの転職を目指している方の中にはキャリアカウンセラーの現状や将来性について気になっている方も多いのではないでしょうか。

キャリアカウンセラーに限らず転職をする際には現状や将来性についてもしっかり確認する事も転職を成功させるポイントになります。

ここでは、キャリアカウンセラーの現状と将来性についてご紹介しています。

求職者の数は年々増加している言われています。

転職者、フリーター、ニートなど求職者の中には様々な方が含まれす。

求職者が増えると必要になってくるのがキャリアカウンセラーになります。

キャリアカウンセラーの役割・仕事内容は主に求職者の転職活動を支援する事になります。

キャリアカウンセラーが勤務する職場の多くがハローワークや人材紹介会社などになり、求職者の多くはハローワークや人材紹介会社など利用して求人を探すことになります。

最近では、業界専門の転職支援サイトや人材紹介会社の数も増え多くの求職者の利用も多くなっているといいます。

キャリアカウンセラーの活躍できる場も広がっている

転職支援サイトや人材紹介会社でも多くのキャリアカウンセラーが活躍しています。

現在では、キャリアカウンセラーは求職者だけの支援を行うのではなく、高校、大学、専門学校などの教育機関でも生徒の進路についてアドバイスや相談にのるなど、活躍の場を広げつつあります。

このようにキャリアカウンセラーが活躍できる場も年々広がってきていると言えるでしょう。

それだけキャリアカウンセラーの必要性も上がってきているということになるのではないでしょうか。

キャリアカウンセラーという職種は、いってしまえば求職者がいなくならない限りなくならない職種になります。

現在の日本の求職者の数は年々増加している傾向にあります。

今後も求職者の数は増えると言われており、キャリアカウンセラーが活躍できる職場も今以上に増え、キャリアカウンセラーの必要性・需要も上がると予想されています。

このような事からキャリアカウンセラーの将来性は明るいと言えるのではないでしょうか。

キャリアコンサルタント求人も掲載【リクナビNEXT】はこちら