キャリアカウンセラーは相談者の転職を支援し問題や課題を一緒に解決していく

キャリアカウンセラーが活躍できる場は広がっている

キャリアカウンセラーとは、求職者に対してカウンセリングを行い、転職活動を支援する事が役割・仕事内容になります。

さらに詳しく言うと、キャリアカウンセラーは求職者が転職活動時に抱える悩みや不安などに対してカウンセリングを中心に行い、専門的な知識とスキルを駆使して求職者に的確なアドバイスを行っていきます。

求職者のスキルや潜在能力を最大限まで引き出し転職活動を支援し、求職者の転職を成功に導くためにサポートしていく事になります。

キャリアカウンセラー以外にもキャリアコンサルタントという職種がありますが、特に違いはなく、役割・仕事内容も同じような内容になります。

現在では、キャリアとひとことでいっても職業、職務、経歴だけではなく、進路や人生、生き方と幅広く捉えられるようになっています。

このように、キャリアカウンセラーは転職を支援するだけではなく教育機関や様々な職種の企業でも必要とされキャリアカウンセラーが活躍できる場も広がってきています。

キャリアカウンセラーはカウンセリングを中心に相談者が抱える問題や課題を一緒になって解決していきます。

相談者の問題を解決するためにはキャリアカウンセラーには専門的な知識やスキルが必要になります。

キャリアカウンセラーとしての職務を全うするには専門知識が必要

キャリアカウンセラーという職種は資格がなくてもカウンセリングをする事ができますが、相談者の今後のキャリアに関して支援をするという重大な役割を担う事になります。

ですので、キャリアカウンセラーとしての職務を全うするには専門知識を取得し、面談やカウンセリングのトレーニングを積みキャリアカウンセラーに関する資格を取得する事が一般的になっているようです。

キャリアカウンセラーに関する資格は民間の資格と国家資格があり、国家資格を取得する事でキャリアコンサルティング技能士と名乗る事ができるようになります。

国の位置づけとしては技能士が熟練レベル、民間資格は標準レベルになるといわれています。

現在、キャリアカウンセラーへ転職を目指している方の多くが民間資格を取得するために学校などに通いキャリアカウンセラーに必要なスキルを学びながら資格の取得を目指していると聞きます。

やはり、キャリアカウンセラーへ転職をする際には資格の取得は必須とも言われていますので現在、キャリアカウンセラーへ転職をお考えの方はキャリアカウンセラーに関する資格を取得する事から始めてみてはいかがでしょうか。