キャリアコンサルタントに必要な資格を取得する

国家資格を取得しておくことは絶対条件

キャリアコンサルタントとして、転職活動をする時にアピールできるポイントはどんなものがあるのでしょうか?

キャリアコンサルタントとして、転職活動をすることはなかなか難しいものがあるようですね。

そもそも正規雇用の数そのものが少ない業種でもありますので、転職活動をする時には、それなりに準備をしておく必要があります。

特にキャリアコンサルタントとして、国家資格を取得しておくことは絶対条件であると言っても良いでしょう。

基本的にキャリアコンサルタントの資格は、民間の資格になるのですが、キャリアコンサルタントの事情を鑑みて新しく国家検定が設立されています。

国家技能検定2級である、キャリアコンサルティング技能士の検定と、国家技能検定1級のキャリアコンサルティング技能士、があります。

国家技能検定2級のキャリアコンサルティング技能士の場合は、熟練レベルのキャリアコンサルタントにあると言う証明になります。

検定を受ける為の受験資格としては、相談実務実績が5年以上であると言うことがあります。

さらに上級の検定である、国家技能検定1級の場合は、キャリアコンサルタントを指導する立場に立つことが出来る検定となっています。

資格の取得は転職活動に有利

これらの検定を取得しているのであれば、かなり有利に転職を進めることが出来ると言っても過言ではありません。

キャリアコンサルタントの職そのものが新しく出来た物ですので、一般的な認知度があまり高くありません。

その為か、キャリアコンサルタントの需要はあっても、正規の社員として活躍出来る場が限られているのです。

このことが大きなネックとなって、現在様々なことでキャリアコンサルタントの待遇や年収などの改善が行われています。

また、一般的な認知の高まりとともなって更に需要が高まってくることが予想されることから、キャリアコンサルタントへの注目も集まっていると言っても良いでしょう。

現在のところ、転職をする時にはキャリアコンサルタントとして働いていると言ったことから、一般企業の人事方面への転職には大きなアピールになると考えることが出来ます。

キャリアコンサルタント求人も掲載【リクナビNEXT】はこちら