キャリアコンサルタントとして就職できる場が沢山ある

ハローワークを初めとして多くの公共機関が活躍の場

キャリアコンサルタントになるメリットやデメリットは、どんなものがあるのでしょうか?

キャリアコンサルタントと言いますと、キャリア形成に関するアドバイスをしたり、キャリア形成に関わる支援をアドバイスすることが仕事内容だと言えます。

キャリアコンサルタントになるには、キャリアコンサルタントの資格が必要だとされていますが民間の資格になります。

ただし国から認められている機関の口座を受講し資格認定試験に合格するなど条件を満たすことによって標準レベルキャリアコンサルタントの資格を得ることが出来ます。

標準レベルキャリアコンサルタントとは乱立したキャリアコンサルタントの民間資格の中でも標準的なレベルにあるキャリアコンサルタントであるとの証明になる資格のことです。

ふつうのキャリアコンサルタントの資格を取るよりも標準レベルキャリアコンサルタントの資格を取るようにしておきましょう。

キャリアコンサルタントになることのメリットですがキャリアコンサルタントとして就職できる場が沢山あると言うことです。

公共職業紹介所であるハローワークを初めとして多くの公共機関での活躍の場があります。

民間の企業への就職と言うケースも多くなっている

また、公共機関だけではなく、民間の企業への就職と言うケースも多くなっているようです。

特に人材派遣会社や民間の職業紹介会社への就職は多くなっていると言えます。

これらの企業はインターネット上で、転職サイトや人材派遣サイトを展開していることが多く、キャリアコンサルタントに無料で相談出来ることをウリにしているからです。

キャリアコンサルタントとしての活躍の場は、これらの企業だけではなく、学校などの教育機関であったり、ひきこもりの人などの支援団体への就職などもあると言えます。

デメリットですが、多くのキャリアコンサルタントに言われていることとして、収入面での低さがあります。

企業や公共機関への就職が出来れば良いのですが、他のケースですと期間限定の契約社員であったりするケースがほとんどだからです。

正規の社員として勤務するのであれば、キャリアコンサルタントの中でもさらに上級資格などを取得する必要があるようです。

キャリアコンサルタント求人も掲載【リクナビNEXT】はこちら