キャリアを形成していく為の支援をする仕事がキャリアコンサルタントの仕事

民間資格であるキャリアコンサルタントの資格を取る必要がある

ここ数年で、日本の雇用形態は大きく変わってきていると言っても良いでしょう。

正規雇用が減少し、非正規雇用がどんどんと増えていく中で、キャリアの形成と言うのはとても重要になってきています。

そのキャリアを形成していく為の支援をする仕事がキャリアコンサルタントの仕事です。

キャリアカウンセラーとも呼ばれており、行政としてもキャリアカウンセラーの育成が必要とされており、国からも支援されています。

キャリアコンサルタントになるには、民間資格であるキャリアコンサルタントの資格を取る必要があると言っても良いでしょう。

その為の学校や講座などが沢山設置されており、学習する場には事欠かないようになっています。

キャリアコンサルタントは、業務独占資格ではありませんので、多くの機関が養成講座などを実施して、資格を取れるようになっているのですが、このことが災いしてか、キャリアコンサルタントの質が一定ではない、と言ったことになってしまいました。

標準レベルキャリアコンサルタントという資格

そこで、現在では国が標準レベルキャリアコンサルタントと言う資格を設けています。

この標準レベルキャリアコンサルタントとは、国が定めた標準レベルのキャリアコンサルティングに必要なレベルの知識を有していることを示しています。

これからキャリアコンサルタントを目指すと言った人は、標準レベルキャリアコンサルタントを養成している講座などをで学ぶようにしたいですね。

キャリアコンサルティング協議会によって指定されている機関の資格試験に合格した人のみを、標準レベルキャリアコンサルタントと呼ぶからです。

標準レベルキャリアコンサルタントの資格対象となっている団体の講座を受講することや、試験に合格するなど一定の条件を満たすことで、各団体からの資格を得ることが出来るのと、ともに標準レベルキャリアコンサルタントになることが出来ます。

現在のところでは、キャリアコンサルタントと活動していく為にも、標準レベルキャリアコンサルタントの資格は必要不可欠であると言っても良いでしょう。

キャリアコンサルタント求人も掲載【リクナビNEXT】はこちら