就職・転職を支援するキャリアコンサルタント

キャリアコンサルタントには資格が必要

キャリアコンサルタントが出来た理由とはどんなものになるのでしょうか。

仕事をすると言うことは、一生に関わってくる大事なものだと言えます。

しかし、仕事をすると言うことに対しての情報はとても少ないと言っても良いですね。

世の中には沢山の仕事があるのですが、どんな仕事を知っていますか?

専門職である仕事以外にも多くの仕事があるのですが、私たちは普段の暮らしの中からでは自分に身近な職業くらいしか思いつきません。

キャリアコンサルタントの仕事はこうした就職を支援すること、キャリア形成についての相談に乗ることになります。

現在では、職業に就きたくとも就けない人も多くいらっしゃいますので、そうした方を専門的にサポートする職業としてキャリアコンサルタントは発足しています。

厚生労働省がキャリアコンサルタント5万人計画と言うものを打ち立てたこともあってか、多くの団体がキャリアコンサルタントの為の講座や認定試験などを行っています。

キャリアコンサルタントになるには上述のような団体の講座を受け、認定試験に合格することなどでキャリアコンサルタントになる資格が出来ます。

キャリアコンサルタントの職場は公的職業紹介所が多い

ですが、どの団体の認定を受けるのかによっても待遇が変わってくると言っても良いでしょう。

キャリアコンサルタントの中でも標準レベルキャリアコンサルタントと呼ばれる職業があります。

標準レベルキャリアコンサルタントは特定非営利活動法人であるキャリアコンサルティング協議会という団体によって指定された機関の試験に合格した人たちのみが名乗ることが出来るのです。

キャリアコンサルタントの仕事の現場は主にハローワークなどの公的職業紹介所などが多くなっています。