キャリアコンサルタントは仕事が存在する限りは存在しうる職業

キャリアコンサルタントの需要は高い

キャリアコンサルタントの仕事における将来性はどうなっているのでしょうか。

基本的にキャリアコンサルタントの仕事そのものについては無くなることはないと言っても過言ではありません。

仕事に就きたい人がいる、仕事に就けない人がいる、そうした方々のサポートや相談に乗っていくことがキャリアコンサルタントの仕事です。

つまり仕事が存在する限りは存在しうる職業だと言っても良いでしょう。

現在ではハローワークなどの公的な職業紹介所だけではなく、中学校や高校、大学などの教育機関でもあっても就職活動の指導にキャリアコンサルタントを求める需要があります。

他にも一般企業や人材派遣会社などでも需要はあると言われており、就業出来る選択は増えていると言っても良いですね。

引きこもりや不登校などの支援を行っている団体などでもキャリアコンサルタントの需要はあると言えます。

今後のキャリアコンサルタントの改善点

ただしキャリアコンサルタントの仕事に関してはまだまだ年収が低いと言わざるを得ません。

企業や公的な機関、学校職員として正社員で雇用されている場合を除くと、月収が20万円未満であると言ったケースがおよそ7割に及ぶそうです。

結果、多くはパートタイマーや個人事業主の副業としてと言ったように生計を立てている方も少なくありません。

標準レベルキャリアコンサルタントと、キャリアコンサルティング技能士との格差も大きく、危惧する声も上がっているようですね。

キャリアコンサルタント自身がワーキングプアに陥ってしまうと言ったようなことも多くありますので、現在ではそうした状況を改善していくことが1つの課題ともされています。

求人探しの参考サイト
ハローワーク
http://html-coder9jin.com/
http://webdesigner9jin.com/

キャリアコンサルタント求人も掲載【リクナビNEXT】はこちら